ホンダのモンキー(バイク)

今週のお題「おとうさん」について書いてみようと思います。

田舎の家に、原付があり、確かモンキー(ホンダ)だったと思います。 父がよく近くの水田の見回りをするのに使っていました。 夏休みで、ヒマを持て余しながらも、怠惰な毎日をただ過ごしていた小学校低学年の頃の私は、そのモンキーが気に入っていたので、エンジンはかけられなかったですが、とまっているモンキーにまたがったり、右グリップのアクセルやブレーキを試してみたりしていたことを思い出します。 東京の夏は静かだと思います。田舎の夏休みは、虫の声がうるさいですよね。また、昔の夏はそこまで暑くはありませんでした。 黒い合皮の腰掛け部分がそれほど熱くなっていなかったので、うっかり、エンジン部分に手を触れようとして、そこは熱いからやめろと父親に鋭く注意されたあとも、虫の声がうるさいままでした。

私の父親は、機械類に詳しく、よく機械をいじっていました。原付もそうですし、ガレージの奥で、溶接をしていたのも思い出します。機械油で汚れた手や、溶接の眩しい光が、私の父親といったときに思い出すイメージです。

私も父親ですが、子どもになにかしてあげようということよりも、子どもにそういった父親の父親らしいイメージを残してあげられるかどうかのほうが大事だろうと思うことがあります。

雨の日は、いつもより人に優しくしましょう。

今週のお題「雨の日の楽しみ方」について書いてみます。

 

雨を楽しむためには、雨の嫌なところを潰せばいいのだと思います。

 

高湿度は、室内乾燥機や、エアコンの除湿を使って湿度を下げる。服もユニクロの通気性のいい服にする。

傘の携行で、片手が塞がるのは、折りたたみ傘にして、かばんの中に入れておき、雨で濡れたら柄の先についた輪っかの紐をカラビナでつって、かばんの持ち手につなげておくことで片手を空ける。傘を差して片手が塞がるのは、かばんの方を工夫して、バックパックにするなどして手を空ける。

靴濡れは、靴下の替えを携行して、履き替えることで、湿った靴の嫌な感じを軽減する。

髪の毛の爽やかさを保つため、朝にミントのシャンプーで髪を洗う。また、カットで短くしておく。

電車が遅れるので、一時間通勤電車を前倒しする。

車の運転で視界が悪くなったり、路面標示が見づらくなるのは、速度を落として危険を回避する。

 

雨で嫌なことがらについて、直接的なものは工夫して削減するのに、そこまで手間ではないです。しかし、雨が降ってしまったことに運の悪さや、ひとのせいにしたくなってしまうのも間接的な意味で雨の嫌なことです。

 

雨の日にいい思い出を作るのがいいのかもしれません。

 

子供の頃、田舎の学校で、遠くまで歩いて通学してました。雨の日は、親が車で迎えに来てくれたので、歩かなくてすみ、楽をしたことを思い出します。

 

雨の日に優しくされると、みんな雨にいい思い出ができるので、雨がそこまで嫌にならないのではないかと思います。

 

雨の日は、いつもより人に優しくするのがいいと思います。

 

 

 

 

 

 

姿勢をただしく通勤する

しばらく海外に行って日本に帰ってくると、特に目につくこととして、日本人が総じて姿勢が悪いことが挙げられる。猫背で、骨盤が後傾で、かかと重心で、それで下を向いている。この姿勢だと、変なところに筋肉がついてしまい、スタイルが悪くなるそうだ。そこで、姿勢を正しくすることに気をつけるようにしたら、O脚に見えるような筋肉の付き方が、まっすぐの脚に見えるような筋肉の付き方に変わってきたので、メモをしておきたい。

まず、姿勢で注意することは、重心で重心を親指の付け根にする。腰は、骨盤を前傾させ、お尻を上へ引き上げ、へそを下方に押し込むような感じにする。胸を張って、肩甲骨を後ろ、下に寄せる。単に腰を反るのではなく、腹筋と背筋をしっかりと固めて、背骨の下側をサポートするイメージ。また、鼻の奥あたりが、前後真ん中になるようにする。首の筋肉の力を抜いても、頭が転がっていかないようなポジションに置くイメージ。上から引っ張られるような感じでもいいかもしれない。力を入れているところは、体の後方で、前方はサポートするためにバランスを取るような感じ。

歩くときには、へそのあたりから脚が出ているような感じで起動し、ハムストリングを使って地面を蹴り、腰を回転させてかかとから着地するような歩き方とする。

dカード プリペイド使用感

dカード保有しているのですが、予算統制手段としてdカードプリペイドを使ってみています。管理する対象は、小遣い管理で、コンビニと、ファーストフードやカフェなどでの飲食、amazonでの書籍購入です。

 

チャージは、セブン銀行で現金チャージすることができるので、これを使います。クレジットカードや、電話料金と合算引き落としでのチャージもできますが、予算統制的にはNG。

 

利用明細は、カードの会員用サイトで見られます。購入してすぐの場合には、未確定情報の段階のため、中身はほとんどありません。金額と日付と、マスターカードで払ったのか、iDで払ったしかわからないのです。しかし、しばらく(数日?)すると、確定情報となるため、店舗名などが詳しく表示されるようになります。

 

一部の店舗で、利用承認のための通信に時間がかかることがあるのかもしれません。今日使った100円ショップでの利用では、数十秒決済に時間がかかりました。これは例外としても、コンビニでの利用でも、5秒以下ですが、数秒待たされることがありました。

 

 

 

 

 

 

歩数が増えたら健康になるのだろうか?

まだ、何も調べてないので、単なる疑問に過ぎないが、歩数が増えたら健康になるというのは、思い込みに過ぎないのではないかとおもう。

 

歩行で、筋肉を使わないあるき方だとしたら、筋肉は鍛えられないので、関節をいためるだけかもしれない。骨の強化に十分な刺激が与えられているとも限らない。

 

低強度の平地歩行より、高強度の階段登りの方が素朴にいいと思うんだよね。

電車ダイヤに乱れが生じたとき、早めの行動を、と呼びかけるのに疑問

早めの行動をと呼びかけると、混雑を助長しないんだろうか。遅れる前提で、代替策をとったほうがいい場合が多いかもしれないとおもう。ダイヤ乱れが生じた段階で早めの行動をしても予定に遅れる結果は変わらないのではないだろうか。

 

遅れずに済むのは、時間を無駄にしてもいいからと、ダイヤ遅れを織り込んで予定を予め組んでおく場合しか考えられない。

 

 

最低賃金だけではなく標準賃金も必要

最低賃金の仕事で義務として課すことができるのは、その時間に働くことだけでしょ。

賃金は、果たすべき義務に対して決まるので、義務が上乗せされるごとに賃金が上がらなければ、人は集まらない。

国は規制として最低賃金を決めているけど、むしろ比較可能な標準労働内容を決め、企業に公開させ、その平均値を標準賃金として公開すべきだ。

そもそも、企業の大小で、賃金が変わるのもおかしい。果たした義務に応じた賃金を支払えない企業は、払える企業に人材を譲っているのと同義なのだから、裁定が働くはず。

裁定を阻害しているのは、情報の流通だとすると、標準賃金の公開は、情報の流通に役立つだろう。

この手の情報は、転職エージェントが持っているだろうが、クライアント企業は嫌がるだろうから、情報の質としては低くなる。これこそ政府の出番なんだろうと思う。